歯のマメ知識

2020/08/21
歯周病の手術

歯周病とは歯を支える骨がなくなる病気で、一度なくなった骨は自力での再生はできません。また、日本人の成人の約80%がり患していると言われている、生活習慣病です。

軽度の場合、ほとんど自覚症状がなく、中程度になってくると「歯茎からの出血」「口臭」重症経度になってくると「歯がぐらつく」「歯茎が腫れる」などの症状がでできます。

歯周病の進行具合を知るためには

・歯周ポケットを測る

・パノラマレントゲンの撮影をする

をしていきます

歯周ポケットとは歯と歯茎の境目の隙間の深さのことをいい、プローブという器具で深さを測っていきます。

健康な状態だと、器具は1ミリ~3ミリ程度、

中程度になると、器具4ミリ~5ミリ程度

重症になってくると、器具が6ミリ以上入りこんでいきます。

PICT0032.JPGのサムネイル画像                      👆プローブ

軽度から中程度だと、スケーリング(歯茎の上の部分についている歯石取り)+スケーリングルートプレーニング(歯茎の下の部分、歯の根っこの部分についている歯石取り)で、歯周病の進行具合を抑えていくのですが

重症になってくると、それだけでは進行を抑えることができず、歯周病の手術が必要になってきます。

歯周病の手術は、歯ぐきを開いて、歯の根っこの部分を直視できるようにして、歯の根っこの部分についている歯石をとっていくことと、不良肉芽と言われる不良な組織を取り除いていきます。必要があれば、人工骨を入れたりなど行っていきます。

基本的な歯周病の手術は保険適用ですが、人工骨などを使う特殊な場合は保険適用外になります。

歯周病はいきなりかかる病気ではありません。長い年月、月日をかけてじわじわと進行していく病気です。

歯周病を予防する為には、定期的にお口の中の歯石を取るということがとても大切です。

歯科受診が遠のいている方は、歯科医院での歯周病のチェックを受けることをお勧めします。

福岡市 早良区 小田部 いなば歯科クリニックでは歯周病治療に力を入れています

0568-83-0008

初診のご予約