歯のマメ知識

2020/05/13
ホワイトニングの機材について

今回は当院で使用しているホワイトニングの機材についてご紹介します。

まず、ホワイトニングとは歯そのものの色調を明るい白さに改善する方法です。普段の食生活でコーヒー・紅茶・カレーなどの色の成分が歯の内部に浸透していくため歯が黄ばんできます。歯の表面に付着しただけのステイン(茶シブ)であれば、機械的なクリーニングを行うことできれいにできますが、歯の内部に浸透した着色を除去するためには、歯科専用の薬剤を使わなければ白くする事ができません。

自宅で行うホームホワイトニングと、歯科医院で行うオフィスホワイトニングの2種類あります。

ホームホワイトニングは、一人一人に合った専用のマウスピースを作成し、自宅でそれに薬剤を入れて使用してもらうものです。

オフイスホワイトニングは、歯に薬剤を塗布し、光を照射することによって白くする方法です。

自宅でホームホワイトニングをするのが面倒だという人や、短期間で白くしたいという方におすすめです。

ホワイトニングで白くしても、また普段の食生活で徐々に色が元に戻ってしまうので、白さをキープしたいときは定期的にホワイトニングを続ける必要があります。

オフィスホワイトニングは短時間で白くすることができますが、その分後戻りも早いと言われています。逆にホームホワイトニングは効果がでるまでに期間を要しますが、白さも長持ちするようです。

一番良いのは、オフィスホワイトニングを行った後、ホームホワイトニングをすると歯の白さをキープできるのでおすすめです。

 

多くの歯科医院でホワイトニングは行われていますが、使用している薬剤や、機械はさまざまです。また自費治療になりますので値段も医院によって異なります。

 

いなば歯科クリニックでは、ビヨンドホワイトニングを使用しています。ビヨンドホワイトニングとは、日本人の環境・歯に合った、日本人のために開発されたホワイトニングシステムです。

0568-83-0008

初診のご予約