歯のマメ知識

2019/07/02
印象剤について

印象剤とは、銀歯などの補綴物を作る際に印象剤を用いて方取りをします。それに石膏を流しこみ、固まったものを技工所へ送り補綴物を作成してもらいます。ですので印象剤での型の取り方によって出来上がってくる補綴物の精密性が変わるといっても過言ではありません。通常はアルジネートと、寒天の二種類を用いて印象を取るのが一般的です。

当院では、保険外診療などでより精密な方取りをしたい場合、シリコーン印象剤というものを使います。アルジネート印象剤と比べて変形が少ない特徴があります。それだけではなく、歯の方にもより精密な型がとれるように糸を歯茎の中に入れたりします。ですので、出来上がった補綴物はとても精密性があり、歯との密着度が高いです。密着性が高いということは、歯との隙間がないため汚れが溜まりにくく唾液が侵入しづらいため二次的な虫歯を予防する事もできます。

補綴物による修復はあくまでも修理ですので、一度治療した歯を長持ちさせるためにはそれなりの努力が必要です。まずは精密な補綴物を入れて、二次的な虫歯を予防するのが第一歩ではないでしょうか。

当院では保険外診療にも力を入れています。気軽にご相談ください。

早良区 小田部 いなば歯科クリニック

0568-83-0008

初診のご予約